FXの歴史

FXの開始から現在まで日本における個人の資産運用の動きは、最近10年ほどで大きく変わってきました。

1990年代から、金利の低迷が始まり、それに伴い、海外の高い金利を求めて外貨預金が流行。その後、株取引の影響の為か、2000年以降にはFXの人気が高くなってきています。

現在では、世界で取引されている為替は一日6000億ドルといわれ、世界最大の金融商品となっています。しかし、実はFXの歴史は浅く、日本では 1998年の「外国為替法」の改訂からスタートしています。

もともとは、伝統的な貿易や投資の流れを円滑、容易にする手段として生まれたものだった外国為替ですが、それまでの日本では 、銀行などの免許を持った金融機関しか 外国為替の取引をすることができませんでした。

しかし、市場開放の流れから、1998年に“対外取引が自由に行われ、それに伴う日本経済の発展”を目的とした「外国為替及び外国貿易法(外国為替法)」が改訂され、個人での取引も出来るようになりました。

この改訂により、特定の金融機関が独占していた、外国為替取引が自由化になり、誰でも自由に為替の取引を行うことを可能になったことで、それぞれの金融機関、証券会社、そして為替取引の専門業者が、顧客獲得の為に様々なプランを設定し、一般個人での取引が簡単に行えるようになりました。

最近になりメディアなどで、注目を集めるようになり、以前に流行した外貨預金に変わる為替商品として、今後とも成長すると言われています。

Yahoo!News